優光泉を試してもダメだった場合、運動で痩せる

優光泉を試してもダメだった場合、運動で痩せる

ダイエットとを始めるとなると、1番最初に頭に浮かぶのが食事制限です。

 

 

食事制限となると元々食べるのが大好きで太ってしまった人がダイエットをする場合、挫折してしまう可能性が高く、仮に痩せることができたとしてもリバウンドしまう人が大半なのです。優光泉でこのようなことは起こりづらいです。

 

 

優光泉を試してもダメだった場合、食事制限ではなく運動で痩せることをオススメします。

 

まず、運動をするダイエットを長続きさせることに重点を置きましょう。

 

ハードな運動メニューばかりこなそうとすると途中でダイエット事態を辞めてしまいますので、最初は軽いウォーキングから始めるといいです。ウォーキングといってもダイエットただ適当に歩くのではなく、腕を前後に大きく振り、足は太ももから前へ足を踏み出すように力強く大股で歩くことを意識しましょう。

 

その時背中を丸めると血流が悪くなりウォーキングで得ることができる代謝アップの妨げになるので、背筋はピーンと真っ直ぐ伸ばし横から見てもキレイなフォームになることを意識して歩きましょう。ウォーキングの時間は1時間くらい歩きたいところですが、最初の一週間は20?30分程度にします。

 

その理由はダイエットでいきなりウォーキングを始めたばかりだと身体のいたるところに運動による負荷がかかり、負荷に耐え慣れていないため激しい筋肉痛に襲われたり、下手をすると筋を痛めてしまい運動すらままならない事態になりダイエットを中断せざるを得ないことになってしまうからです。

 

よって最初は自分の身体にこれからダイエットで運動することを覚えさせる必要があるのです。最初の一週間は長くても30分程度、そのあとは一週間ごとに10分ずつウォーキングの時間を長くしていきます。最終的には90分?120分くらいのウォーキングをしても平気なくらいにもっていくことです。ここで重要なのは有酸素運動のウォーキングだけではなく無酸素運動を合わせて行うことによって筋肉を強化し、ウォーキングする際に脂肪を多く燃焼させるということです。

 

その筋肉の付け方としては、ウォーキングをし終わった直後に腹筋と背筋、腕立て伏せを30回行います。そのことで運動をしていない状態でやる2倍以上の効果を得ることができるのです。心拍数が高い状態で無酸素運動をすることが大切なのです。そして無酸素運動をし終わった後にプロテインを飲むと筋肉がさらにつきやすくなります。

 

また、無酸素運動はウォーキングなどの有酸素運動と違って、長い時間や回数をこなすのではなく、自分に合った回数をセットに分けてこまめに取り入れていくことが重要です。ウォーキング90?120分を週に4日取り入れるとして、無酸素運動は1セットや2セットでもいいので毎日やるようにすると代謝アップの効果がグンとあがります。

 

さらに無酸素運動は就寝前に1セット行うことで、睡眠中にしっかりと筋肉量を増やしてくれるので、1日のうちの1セットは就寝前に行うといいでしょう。有酸素運動と無酸素運動以外にももう一つダイエット成功への近道になる運動があります。それは、ながら運動です。このながら運動の良いところは完全に自己流でやった方が続くというところです。

 

テレビを見ながら自分が動かしたい身体の箇所を適当に回したり伸ばしたり曲げたりするだけです。

 

ところがこのながら運動は馬鹿にできないほどの効果があります。ながら運動を続けることによって常に身体のどこかの筋肉を動かしていたいという向上心を養うことができるからです。この気持ちがあれば他の有酸素運動と無酸素運動も苦になることはなくなってきます。食事制限などしなくても、有酸素運動と無酸素運動とながら運動を効率良く楽しく続ければダイエット成功は確実です。