妊娠中のママだって太りたくない!マタニティダイエットの方法5選

妊娠中のママだって太りたくない マタニティダイエットの方法5選

女性が妊娠をするとある程度体重が増えるのは当たり前です。

 

しかし、過剰に増えてしまうのは良くありません。

 

 

母体に負担がかかりますから、それは胎児にも影響を与える事があります。
赤ちゃんにも安全なマタニティダイエットの仕方について知りましょう。

 

 

和食は世界的にも健康的な食事

 

 

今でこそ欧米の食事をする機会が増えた日本人ですが、古くは和食でした。

 

 

欧米の食べ物が日本でも流行ってから今では当たり前に食べていますが、
同時に健康を害している人もいます。

 

 

対して、和食は世界的にも健康的な食事として認識されています。

 

 

和食の特徴は洋食と比べると塩分や糖分、油分も少なくてカロリーも抑えられています。

 

例えばサンドイッチ1個分のエネルギーはおにぎり2つ分のカロリーに匹敵しますが、
脂肪分はおにぎり8個分程度になります。

 

いかに洋食が脂分を含むのか分かります。
また妊婦に和食がいいのは、和食にはかつお節や納豆などの発酵食品も多い事です。

 

これらは腸の環境を改善して便秘を改善する作用もあります。

 

 

妊娠中に便秘を起こす女性は少なくないので、和食は優れものです。
便秘が長引くと代謝が落ちてしまうので太りやすい体質になるのです。

 

 

和食なら優れた栄養を総合的に摂る事ができて、便秘も解消できます。

 

 

 

酵素の力を借りる

 

 

食事も大事ですが、
優光泉のような酵素ドリンクを上手に利用するともっとダイエットに効果的です。

 

 

妊娠中のママの体重をコントロールできて、
酵素自体も赤ちゃんの健康にもプラスに働きます。

 

妊婦さんのダイエットにもなり赤ちゃんの健康も良くできるのです。

 

 

食べる時は流し込まない 

 

時間が無いからと何でもかんでも水で流し込む食事をする人もいますが、ダイエットには悪影響です。

 

ダイエットを目的に考えるのならよく噛むようにしましょう。

 

よく噛んで食べる事は満腹中枢を刺激できるのでお腹がいっぱいになったように感じる事ができます。
流し込んで食べるよりも、食べ過ぎる事が無くなりますから、ダイエットになるのです。

 

 

 

適度な運動も必要

 

 

 

妊娠している時はいつもよりも母体への負担が大きい事もあり、
全く運動しない方がいいかと言えば、そうではありません。

 

 

妊婦さんでも適度に運動しまょう。

 

 

例えばウォーキングなどを1日30分程度するのも良いです。
これで代謝が上がりますから、脂肪も燃えやすい体になるのです。

 

それから、いざ子供を出す時に筋肉や体力が落ちていると大変です。

 

 

普段から適度に運動して体の力を衰えさせない事も妊婦さんには重要なのです。

 

 

しかし、運動が大事といっても体調が悪い時にはしないようにします。

 

 

ヨガもダイエットになる

 

 

マタニティヨガもいいでしょう。

 

 

このヨガは妊婦さんの体型に合わせて考案されたヨガです。

 

 

妊娠初期から後期においてまでいろいろな段階にあるママができるヨガです。
呼吸が独特でこれにより代謝が増えて体重が増加する事を抑える事ができるのです。

 

 

妊娠中でも太る事を気にするママは少なくありません。

 

 

しかし、妊娠しているのですからある程度は体重が増える事は当たり前です。
過剰に心配して食事を抜いたり、激しい運動をしてはいけません。

 

 

それでは母子共に危険になります。
妊婦さんも適度なダイエットをしてこそ、母胎ともに健康になれるのです。